会社案内をつくる業者選定のポイント-02

本題の会社案内をつくるための業者選定からは、少々脱線しますが、
今回はホームページ制作の業者選定についても触れたいと思います。

インターネット系の広告代理店は、
ポータルサイトや自社開発のWEBコンテンツによりユーザーを誘導し、
その誘導したユーザーをターゲットに、的確に広告を配信する広告枠を準備します。
その広告枠に出稿を希望するスポンサー企業に対し、
その広告枠を販売するというものです。
従来よりバナー広告、SEM広告、アフェリエイト広告、SEO対策などがありますが、
昨今では検索連動型広告、いわゆるアフェリエイト広告が再び脚光を浴び、
バナー広告やSEM広告よりも高い成長を遂げています。
その中でSEO対策もWEB広告代理店の重要なサービスラインとなりますが、
これは検索エンジンの順位を上昇させ、その結果ユーザーを当該サイトへ誘導しやすくする対策ですので、
広告とは少々ニュアンスが異なりますが、そこを含めWEB系広告代理店の重要なミッションとしていることが多くなりました。

また一方ではサイト構築からプロモーションまでをワンストップでプロデュースするWEB系広告代理店がありますが、
Eコマースや集客を目的とした大規模サイトやポータルサイトを、
企画・制作からシステム開発・運用・メンテナンス、またそこで実行する様々なプロモーションまでも、
包括的に請け負う、かなり優れもののWEB系広告代理店までも出現しています。
多次元的に集客や販売プロモーションを大掛かりに計画する場合は最適だと思います。

一方WEBプロダクションは、
専らWEBサイト構築、いわゆる企画からサイト設計、デザイン制作、コーディングまでを行い、
ほぼサイトリリースまでが守備範囲です。
もちろんリリース後もメンテナンスやSEO対策までカバーしているプロダクションもありますが、
やはり専門性といった側面からはサイト構築に特化されているといってよいと思います。

これらのことから皆さんの計画されているプロジェクトを、
どこに発注するのが最適なのか、
またどの方向性で物色するのが最適なのかをご検討される一助にどうぞ。

弊社ではもっと詳しくご相談をしていただけ、
実際の作成サンプルも手にとってご覧いただける,、
パンフレット相談室を開設していますので、
そちらもぜひご活用されることをお勧めします。

会社案内 パンフレットのリーディングカンパニー|会社案内 パンフレット専科

このブログ記事について

このページは、村田が2009年6月16日 18:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社案内をつくる業者選定のポイント-01」です。

次のブログ記事は「会社案内の意外に気付かなかった活用法-01」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。