会社案内やパンフレットづくりの業界環境-02

お客様からの会社案内、パンフレット、ホームページのご依頼は、
前回言及の通り、
弊社はお客様からダイレクトにオーダーをいただくことを旨としています。

ここで弊社が広告代理店の下請けに入ってしまっては、
お客様の意図や目的のフォーカスがぼけしまうことは必至です。
なぜならば、
広告代理店とお客様で決定された企画・構成が下りてきて、
それを弊社がデザイン制作するのみ、
ということになってしまい、弊社のクリエイティビティやアイデアなどの付加価値は、
一切必要とされないからです。

このことは、いわば顔の無い、専業作り手、ということになります。

べつに業界を揶揄しているわけでなく、
この手法を忌み嫌っている、ということではありません。

私どもは後発で、しかも何のコネクションも無い中、
業界マーケットは縮小し、厳しい競合状況の業界環境において、
生きながらえ、しかも確実に成長を遂げるために、
あえてこのモデルを選択しました。

お陰さまで、
自分たちで稼ぎ、事業を確立させていく意識は、
力強く確立できたと思っています。
営業力、企画提案力、クリエイティブ力、納期対応力、
それにお客様とのパートナーシップ構築力です。

これは単発、スポットでのお客様との関係ではなく、
「継続的パートナーシップ」ということです。

私どものお客様からのご依頼案件は、
会社案内やパンフレット、ホームページ、CIブランディングなど
企業広告物のプロジェクト案件が主体です。

つまり、言い換えれば、ここが次の弱点である、ともいえます。
少し業界環境のこととは異なり、本題からはずれますが、
私どもはお客様との「継続的パートナーシップ」ということに、
強く取組んできました。

スピンオフになりますが、
近々「継続的パートナーシップ」の構築について、
少し語ってみたいと思います。

会社案内・パンフレット・ホームページ・ブランディング開発の東京広告専科

ロゴマーク作成・ブランディング・CI計画はロゴマーク専科

このブログ記事について

このページは、村田が2010年9月27日 15:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社案内やパンフレットづくりの業界環境-01」です。

次のブログ記事は「価値ある会社案内をつくる、お客様との「継続的パートナーシップ」-01」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。