価値ある会社案内をつくる、お客様との「継続的パートナーシップ」-01

私どもはお客様からの会社案内、パンフレット、ホームページなどの、
各種制作物のご依頼をいただく・・・、
このお客様との出会いを皮切りに、
お客様からオリエンやご計画内容を伺い、
弊社から念入りにヒアリングをさせていただく。

それを受け要件を定義していき企画を立てるお時間をいただき、
お客様にご提案をします。
提案をご了承をいただければ、
弊社はデザイン作成、コピーライティング、撮影など本制作に入ります。

初校(初めてデザイン・コンテンツの校正)の後、
何度かの校正を経て、
お客様より校正終了(校了)をいただきます。

会社案内、パンフレットなど印刷物は印刷・加工の工程から、
お客様へ納品、
ホームページの場合は、本サーバへアップロードして公開・リリース。

当然ですが、
お客様からのご依頼範囲は別途の定め、お約束が無い限り、
通常はここまでで私どものミッションは終了となります。

しかしながら、
私どもは何のためにお客様に念入りなヒアリングをし、
お客様が会社案内などの制作物に投資をされるのか?

  • 企業価値を高めたい、
  • 企業間取引に効果を出したい、
  • 集客に使いたい、
  • 顧客に存在意義を再認識させたい、
  • 生徒を獲得したい、
  • ターゲットとする学生を採用したい、
  • 株主とのコミュニケーションを更に高めたい・・・、等々、

そこには必ず投入目的、期待効果が存在します。

私どもはそれを軸にお客様のご要望を実現させることに、
印刷・広告物、WEBなどを介して貢献する事。

その結果お客様のビジネス、延いては事業に貢献することとして、
お客様からクリエイティブのお仕事を承ったわけです。

ということは、
納品・リリース後はお客様と一旦ご縁が途切れないまでも、
これでミッション終了!
とはいかないのが弊社のポリシーともいえるものです。

つまり、
会社案内やパンフレットなど広告物、WEB制作物などというものは、
実際に使ってみて、世に出してみて、
そこからが本番です。
そこからが、
お客様に価値の測定や評価をしていただけるフェーズになります。

まさにそこが起点となります。

つくっている段階では、
お客様の情報や知識、ご要望と、
弊社の深堀りした考察やアイデアとの融合をもってしても、
想定外・・・、
もっとこんなコンテンツが必要だった・・・、
こんな考察が足らなかった・・・、
などといったことは、
頻繁にあっては困りますが、
実際に希に起こることがあります。

その際、
納品後一旦終えたミッションなので、
その後は、お客様とのコンタクトを持つことは特に行っていない・・・、
というのか、
はたまた、
使用前・使用後の実態を、
むしろ積極的にお客様から入手しているのか。

この前者と後者は天と地ほどの違いがあります。

実はここからが、
私どもクリエイティブエージェントたるAEM&Co.の本番となるのです。
お客様との長~い関係が始まると思っています。
いわゆる「継続的パートナーシップ」の始まりです。

前述の希に起こる「想定外、こんな考察が足らなかった・・・」、
だけでなく、
問題無い、いやむしろ高い効果を発揮している場合でも、
その後の効果測定・検証が必要と考えています。

この「継続的パートナーシップ」とは何ぞや?は、
次回以降に譲りたいと思います。


会社案内 パンフレットのリーディングカンパニー|会社案内 パンフレット専科

このブログ記事について

このページは、村田が2012年10月17日 07:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社案内やパンフレットづくりの業界環境-02」です。

次のブログ記事は「価値ある会社案内をつくる、お客様との「継続的パートナーシップ」-02」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。